メルマガ⑤

こんにちは!
そろそろ花粉の飛散も本格化する時期ですが、いかがお過ごしでしょうか。
今日は花粉症対策でまず行うべき「抗原除去・回避」についてお伝えします。 

花粉症対策といえば薬を飲むことと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、鼻アレルギー診療ガイドライン(※1)では、薬物療法、アレルゲン免疫療法、手術療法などに並んで、「抗原除去・回避」が挙げられています。

スギ花粉の抗原除去・回避には以下の7つの方法があるといいます。

皆さんは全部知っていましたか?スギ花粉の抗原除去・回避 7か条!

①花粉情報に注意する。

日本気象協会WEBでは、花粉飛散に関する情報が、都道府県ごとに1日2回更新されています。
定期的にチェックしましょう!

②飛散の多い時の外出を控える。外出時にマスク、メガネを使う。
花粉飛散情報にもとづき、花粉の飛散量が多い日には外出予定を変更したり、外出する場合でもマスク・メガネ等で防御したりするようにしましょう。

③表面がけばだった毛織物などのコートの使用は避ける。
ウールやファーなど花粉の付着しやすい素材の衣服の着用はできるだけ避け、外出後は玄関先で花粉を払ってから家に入るのが基本です。
ご家族にも協力してもらうとよいでしょう。

④帰宅時、衣服や髪をよく払ってから入室する。
洗顔、うがいをし、鼻をかむ。外に出ている間に、衣服や髪には花粉が付着しています。
部屋の中に花粉を持ち込まないように、花粉をよく払いましょう。
できれば玄関から洗面所に直行し、洗顔・うがいをすることがお勧めです。

⑤飛散の多いときは窓、戸を閉めておく。
換気時の窓は小さく開け、短時間にとどめる。
花粉を家に入れないように窓やドアはなるべく閉めましょう。
換気するときでも、窓を開けるのは必要最小限に。

⑥飛散の多い時のふとんや洗濯物の外干しは避ける。
肌に触れるふとんや洗濯物を外に干すことは避け、できるだけふとん乾燥機や室内干しを活用しましょう。

⑦掃除を励行する。特に窓際を念入りに掃除する。
基本的なことですが、部屋の掃除も重要です。
特に花粉の入ってくる窓やドアの近くは丁寧に掃除しましょう。


花粉の回避と除去は花粉症対策の基本です。
日常生活を工夫して、花粉症の季節を乗り切りましょう!

※1日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会・鼻アレルギー診療ガイドライン作成委員会鼻アレルギー診療ガイドライン-通年性鼻炎と花粉症-“2020年版(改訂第9版)第”5章治療 p.42


・‥…━━━◆・‥…━━━◆・‥…━━━◆

あなたと医療を最適な距離に。LINEヘルスケア
<LINEヘルスケア 公式サイトはこちら

ja

※PCで閲覧されている方は、以下のQRコードを読み取ってください。
messageImage_1576651547766