【BO】2回目LINE記事ブログヘッダー


リモートワークのツケは下半身のみならず。
「顎下・ブラファット・二の腕」は、気のゆるみがたるみを招く三大危険ゾーンだった!

「“トップスはオーバーサイズ”が粋という秋トレンドの怖い罠」

BO①

いよいよ本気モードでお洒落に取り組みたいシーズン到来。トレンドの膝丈スカートに加えて、きれいめ系ワンピースにジャケットやトレンチなど、重ね着コーディネートで街を闊歩したい、そんな方も多いのではないでしょうか。

新たな日常で迎えるはじめての秋、改めてサイズチェックは済ましておきたいもの。なぜなら長い自粛生活やリモートワークの弊害は下半身のみならず。すわりっぱなしのデスクワークによって二の腕は振り袖化、ブラジャーからむっちりはみ出たブラファットなど、知らず知らずのうちに変化したボディラインに気付かない方が多いからです。

厳しいようですが、秋トレンドのひとつ、オーバーサイズのトップスがキマるのは細身ボディゆえ。
一歩間違えれば、カラダそのものが大きくもったり見えるリスクがあること忘れないで欲しいのです。



「マスク下でゆるみはじめたフェイスライン、顎下問題が浮上」

BO②

もうひとつ怖いのが、人と会わないマスク生活によってすっかりゆるんでしまったフェイスラインと顎下です。

会話せず、表情を繕うことも必要ないから、マスクで覆い隠された顔の筋肉は、ここぞとばかりに怠け、あっという間にゆるみ、たるみという現実を突きつけてきます。

やっかいなのは二の腕やブラファット、顎下のゆるみはすべて正面からは見えにくいのに、サイドから、つまりは他人の目からはっきりくっきり見えるもの。しかも体重を落とせば問題はすべて解決というわけではなく、部分痩せの最難関とも言えるパーツだということです。

「超難関、部分痩せ成功の鍵は脂肪の数を減らすことだった」

BO③

それでも二の腕は引き締めたいし、顎下やブラ上のぷるぷる感もすっきりさせたいのがオンナ心。

部分痩せ成功を目論んでいる方が知っておくべきは、脂肪という敵の正体です。
脂肪には①皮下脂肪と内臓脂肪がありますが、前者が二の腕やブラファット、顎下のゆるみを招く要因。落としたいパーツの脂肪の数を減らすことができれば、部分痩せも夢ではないのですが……。
経験者はよくご存じだと思いますが部分痩せほど成功への道は険しく、二の腕を鍛え過ぎてかえってたくましくなってしまった、なんていう残念な方も……。

「難関の部分痩せは「ボディ・コントゥアリング」が正解?」
気になるパーツの脂肪の数だけ減らすためには、部分やせ治療、いわゆる「ボディ・コントゥアリング」という選択肢があります。

食事制限やハードなエクササイズは不要。狙ったパーツのみ結果を出せるものだから、普段の生活に負荷なく組み込むことが可能です。ゆるんだ顎下や二の腕、ブラファットのみピンポイントにアプローチできる「ボディ・コントゥアリング」なら、オーバーサイズのジャケットを着ると背中がもっさり、マスクを外したときの顎下がぷるぷる、そんな不安からも解放されるはずです。

治療できる部位はこちら

部分やせ治療“ボディ・コントゥアリング”に関する専門医によるカウンセリング、具体的な治療に関しましては、医療機関にご相談ください。

部分やせ治療“ボディ・コントゥアリング”に関する治療について、詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。


・‥…━━━◆・‥…━━━◆・‥…━━━◆

あなたと医療を最適な距離に。LINEヘルスケア
<LINEヘルスケア 公式サイトはこちら

ja

※PCで閲覧されている方は、以下のQRコードを読み取ってください。
messageImage_1576651547766