ヘッダーボディ

もしかして『リモートワーク太り』? 
体型変化に悩むすべての女性たちへ
 
コロナ禍で変わったのはライフスタイルだけじゃない!
いま迫り来る「ボディライン喪失」という危機
 

「トレンドの膝丈スカートを素敵に着こなせる勝算は何パーセント?」
いち早く店頭に並び始めた秋物をチェックされている方も多いでしょう。
この秋は膝丈スカートが復活の兆し。お腹周りや太ももなど、なにかとごまかしがきいたミモレ丈のスカートは影を潜め、ボックスやペンシルなどきれいめ系シルエットがメインストリームに。
しかも、大本命と言われるレザーにウエストマークのデザインなど、ボディラインで着こなしの差がついてしまうスリリングなキーワードも目白押しです。


「多くの女性が実感。新たな日常で失ったボディライン」
実際には人生初の自粛生活、リモートワークへのシフト、外出を控えるなど、長く続くINACTIVEな日々。
「stay home」ルックといわれる、ゆったりとしたシルエットのウェアを着こなし、免疫力が低下しないよう栄養価の高い食事を1日3回、ジムやピラティスにも通えず、気付いたら体重が増加!下腹部ぽっこりにサイズアップしたウエスト、膝上の丸みに、危機感を抱き始めた人が増えているようなのです。


「下半身につきやすい、リモートワーク太りという現実」
新しい日常へのストレスや年齢による代謝の衰え等のハンデによって、「リモートワーク太り」の悲しい現実を付きつけられたままという残念な人も。体重増加はあっという間なのに、落とすのは時間がかかるジレンマ。
おいしいものを我慢したり、ストレスを抱えたままのハードなエクササイズによってかえって筋肉がついてしまったり。
自己流ゆえの“望まない結果”に苦い思いをされた方もいるようですが、コロナ禍による自己流ダイエットの危険は、高まる一方とも言えます。


「新しい日常は、他力本願で賢くキレイに」
ダイエットはしたいけれど、リバウンドは嫌。
体重を落とせばデコルテが痩せる、シワシワかさかさのリスクも心配、ランやジムにも通えない、そんな不安を抱えているのなら、部分やせ治療を上手に活用するという選択肢も大いにありではないでしょうか。
リモートに自粛という新たな日常を強いられるいま、これ以上ライフスタイルを変えることなく、狙ったパーツのみ結果を出すなら、自分のライフスタイルに組み込める部分やせ治療、いわゆる「ボディ・コントゥアリング」を受けるほうが賢明という声も。
いかに効率よく、失ったウエストのくびれやすっきりした膝上を取り戻せるか。
選択肢は現実的であればあるほど、成功までの道のりはスムーズ。
タイムアップは目前!ウエストマークした膝丈ペンシルスカートをスタイリッシュに着こなせる日はもうすぐです。


美容医療クリニックを探したい方はこちら 
もっと詳しく知りたい方はこちら 


提供:アラガン・ジャパン株式会社


・‥…━━━◆・‥…━━━◆・‥…━━━◆

あなたと医療を最適な距離に。LINEヘルスケア
<LINEヘルスケア 公式サイトはこちら

ja

※PCで閲覧されている方は、以下のQRコードを読み取ってください。
messageImage_1576651547766