LINEヘルスケア公式ブログ

生理がつらいとき、みなさんどうしていますか?   生理のつらさはみんなそれぞれ違うので、そのつらさを周りの人に分かってもらうのは難しいですよね。 それに、正しい答えが返ってくるとは限らないかも。 そんなときは生理の専門家、婦人科の先生が頼りになりますよ!

生理が近づくと、薬局にいろいろ買いに行かないと!…とソワソワしてきますよね。 生理用品のナプキンは、出血量が多かったら何枚も必要になるし、生理痛でお腹が痛くなったりすると鎮痛薬を買ったり、お腹を温めるために使い捨てカイロや腹巻をそろえたり、場合によっては

女性の社会進出が進み、男性と同じように働いてキャリアップを目指したり、自分らしいライフスタイルを楽しむ女性も増えてきましたね。   いつかは赤ちゃんを産みたいと思っていても、 「仕事で一人前になってから」 「今はまだ自分の時間を楽しみたい」 …と、まだ先

生理痛の悩みを抱えていても、なかなか相談できなかったり、婦人科に行きづらいと感じている人もいるのではないでしょうか。また生理痛の治療薬である「低用量ピル」に興味があっても、なかなか一歩踏み出せない人もいるかもしれません。今回は、生理痛やピルの疑問について

つらい月経痛はもしかしたら、「子宮内膜症」のせいで起きているのかも? この病気の専門家で、東京大学医学部付属病院でこれまで数千人以上の患者を診てきた甲賀かをり先生に子宮内膜症を発見するためのヒント、婦人科の受診の仕方などをお聞きしました。   生理痛は

こんにちは! 前回はストーリー仕立てで関節リウマチ患者さんの妊娠の準備の流れをご紹介し、妊活を始める前も出産後も、主治医と話し合いながら進めていく必要があることを説明しました。   妊娠計画については、ご家族やパートナーと話し合い、予定を立てて進めていけ